ブログ

カテゴリー別アーカイブ: バイクメンテナンスブログ

メンテナンスツーリングを開催しました2021.2.28

みなさんこんにちはメカニックキャラバンです

 

今回はメンテナンスツーリングを行いました

 

メンテナンスツーリングの企画案がでた理由は

初心者の人は何に不安あるのか?知りたいことはたくさんあるはずだけど聞く人やタイミングってないんじゃないかな?メンテナンスや洗車とか興味あるかな?

そんな意見からはじめてみた企画です

 

IMG_0913_R

当社の倉庫に集合していただきスタートです

そこで整備士&社長でもあります宮原さんによる

 

IMG_0901_R

 

バイク漫談を・・・(・Д・;)

じゃなくて・・・

黒板を使い

講義スタイルによる運航前点検をお客さんに学んでいただきました

 

IMG_0905_R

 

みなさんもの凄く真剣な眼差しでご清聴していただいておりました

 

内容としましては

お客様個人のバイクの特徴に合わせて宮原社長が点検のやり方を説明します

 

この説明が目から鱗の話ばかり!!!

 

みなさんはご自分のバイクの適正なチェーンのたるみ具合などは把握されてますか?

チェーンの汚れや交換のタイミングはご存知でしたか?

チェーンを調整する際にセンタースタンドのないバイクはどのように後輪を持ち上げるか?

車のパンク修理などに使用されますジャッキアップなどで持ち上がりますが

適正な場所にあたらなければバイクが転倒するなどの危険性があります

IMG_0912_R

 

 

見ながら、説明しながら体験してもらっています

IMG_0911_R

 

ブレーキフルードの量は確認する方法はご存知ですか??

 

エンジンオイルの適正量の確認方法をご存知ですか??

 

 

クラッチの握りの調整方法はご存知ですか??

調整するだけで半クラッチがもの凄く楽になったりしますよ!!!

 

 

フロント・リアブレーキのきき具合は適正ですか???

タイヤの交換の時期やタイミングはご存知ですか??

その他もたくさんあります!!!

 

 

 

自分のバイクの特性を知り

バイクを自分の運転しやすいようにメンテナンスをして乗る!

同じバイクでも自分流にバイクを調整することでより体にフィットさせることで運転がより快適で楽しくなりますよ!!!

 

 

 

タイヤの空気圧のお話はみなさん新しい発見があったのではないでしょうか?

適正空気圧にとらわれすぎない考え方なども今後の参考になったかと思います。

これだけでも運転する感覚がかなり変化します!!

ネイキッドやスーパースポーツもしくはアメリカンなど乗るバイクも変われば自分の運転するスタイルも人それぞれです

スピード・コーナリング・街乗り・長距離走行など

どのようにバイクを乗っているのかを考えるいい機会にもなりますよ!!

 

IMG_0908_R

 

ハーレーがカッコよかったので撮ってみましたwww

すぐに遊ぶ癖がついておりますwww

 

 

せっかくメンテナンスしたんですから

やっぱり走りに行きたいですよね

 

メンテナンス後に行ってきました

IMG_0919_R

 

 

来た時よりも乗りやすくなっている自分のバイクの変化にみなさん

 

気が付いておられましたよ

IMG_0916_R

 

今回は整備やメンテナンスが全くの未経験という

女性ライダーの方も参加してくださいました!!!

 

バイクの経験や知識がなくても一緒に学びながら楽しい時間を過ごしていきませんか!?

次回も開催してほしいと言われた社長の喜ぶ顔が子供のようでした!

メンテナンスツーリングは大好評につき今後も開催予定です。ご依頼があればいろいろやってみたいのでご意見ください。よろしくお願いします。

2021年2月28日メンテナンスツーリング

みなさんこんにちはメカニックキャラバンです

 

 

今回はメンテナンスツーリングのご案内です

 

日程:2月28日

 

集合場所:メカニックキャラバン倉庫

 

集合時間:AM8:00からメンテナンス受付

 

ツーリング出発時刻:AM10:00

 

参加費用:2000円

 

※内容について※

倉庫にて整備士が運航前点検の項目に沿って点検のやり方を工具などを使用しながら

ご自身で自分のバイクを使用し体験していただきます。

 

★☆点検項目一覧☆★

ねん:燃料

お:オイル

しゃ:タイヤ

ちぇ:チェーン

ぶ:ブレーキ

く:クラッチ

とう:灯火類

ば:バッテリー

しめ:締め付け

 

これらの項目を点検後に本宮方面にツーリングし倉庫周辺まで戻ってきます。

 

ツーリングシーズンに入る前に運航前点検項目を

プロの整備士に教わってみませんか

 

IMG_0669_R

 

IMG_0670_R

 

IMG_0682_R

 

IMG_0683_R

 

 

CB400SF チェーンメンテナンスの方法

みなさんこんにちはメカニックキャラバンです

今回はホンダ CB400SFのチェーンをメンテナス調整していきましょう

・・・調整の流れ・・・

1.リヤアクスルシャフトを緩める

2.リヤタイアを浮かす(スタンドやジャッキにて)

3.チェーンの洗浄と給油

4.チェーンのたるみを調整

5.各部締め付け

それでは、本日の教材車両CB400SF VTECスペック3

DSC_0005_R

まずはリヤアクスルシャフトを緩めメンテナンススタンドなどでリヤタイヤを浮かせます。

DSC_0035_R

 

 

DSC_0021_R

 

使用するのはアクスルシャフトを回す工具等と洗浄するクリーナーとチェーン給油剤、ブラシなどもあると便利です。

 

DSC_0017_R

メンテナンススタンドはこのようにセッティングしていきましょう。

DSC_0040_R

このとき使用しているのはパーツクリーナーですがチェーンクリーナーの方がOリングなどには優しいですね。

洗浄や給油のスプレーが飛び散らないように段ボールなどでカバーする事をオススメします。必要のないところに飛び散るとふき取りがたいへんです(-.-)

DSC_0010_R

 

 

 

DSC_0018_R

全体的にゴシゴシきれいに。この時にОリングなどの劣化などもないか良く点検できます。

DSC_0019_R

タイヤを回しながらこのブラシを当てておくだけでクリーナーが汚れを落としてくれます。便利なブラシです。

キレイに洗浄できたら給油と調整です。

DSC_0032_R

 

こちらがチェーンの緩んだ状態です

 

DSC_0031_R

 

こんなにもダルダルになることはありませんがわかりやすいように撮影しました。

給油はチェーンの内側にしっかりとします。

DSC_0009_R

 

 

DSC_0014_R

 

 

DSC_0016_R

 

 

チェーンアジャスター(調整ネジ)で引き込み調整します。

DSC_0033_R

 

DSC_0029_R

しっかりとチェーンを張った状態です。

DSC_0025_R

 

張ると合わせ位置はこんな感じになります

 

タイヤの反対側のフレームにも合わせるメモリがついていますので

そちらも同じ位置に合わせて調整してください。

 

これでチェーンメンテナンスもばっちりです!!!

 

少しでも作業中に違和感やご不明な点があれば

 

メカニックキャラバンにお越しください。

Kawasaki バリオスのチェーン調整方法について

みなさんこんにちはメカニックキャラバンです

 

今回はメンテナンスブログでございます!!

みなさん愛車のチェーンは日頃から確認してますか?

チェーンの給油やたるみなどを確認しておかないと

 

とんでもないトラブルの原因になりますよ

 

今回はKawasakiのバリオスを使って

 

IMG_0736_R

 

チェーンメンテナンス方法をご紹介していきましょう

 

 

まずはチェーンの汚れを落とす方法です

 

 

道具がこちら DSC_0035_R

 

パーツクリーナー

チェーン給油剤

あれば歯ブラシ

 

これを用意したら このようにバイクをセッティングしましょう

 

DSC_0040_R

 

チェーン以外のところに

 

 

パーツクリーナーや給油剤が飛び散らないように 段ボールなどで覆いましょう

 

 

あとはチェーンに吹きかけるだけ

 

 

DSC_0006_R

 

 

パールクリーナーを吹きかけて

 

 

歯ブラシでこすればめちゃくちゃキレイになりますよ

 

 

この後に同じように チェーンに給油するのを忘れずに!!!

 

 

次回はチェーンのはりかたについてご紹介します

バイクホイールの洗い方

みなさんこんにちはメカニックキャラバンです

 

今回はバイクのホイールについた油汚れの落とし方について

 

ご紹介していきましょう

 

まずはこちらをご覧ください

DSC_0006_R

 

黒い点はチェーンの油汚れです

水洗いと洗剤洗いだけではこのような黒い点が残ります

 

そこで必殺コンパウンド

DSC_0001_R

 

汚れた布とキレイな布を用意しましょう

 

そしてホイールにコンパウンドをぶっかけましょう

 

DSC_0007_R

 

あとはこれをキレイに吹きあげるだけです

 

DSC_0009_R

 

こんなにキレイになりますよ

 

DSC_0010_R

 

是非一度お試しください

バイクボディーの洗車のやりかた

みなさんこんにちはメカニックキャラバンです

 

今回は

 

バイクの洗車についてご紹介していきましょう

 

よく原付などのバイクの足を乗せる部分

 

DSC_0002_R

 

この部分の汚れや色あせなどを

キレイにしたいというお客様の声を耳にすることがあります

 

まずここは

水と洗剤で軽く洗っておきます

 

そして今回、登場するのがこちら

DSC_0001_R

写真の左から

コンパウンド

プラスチック光沢剤

乾いた布です

 

 

まずは水&洗剤洗いした後に

 

コンパウンドで軽く磨きます

 

磨き終わったら

DSC_0011_R

 

プラスチック光沢剤をふりかけます

ふりかけてある程度、光沢剤が染みこんでから

光沢剤を伸ばすように拭いていきます

 

完成がこちら

after

DSC_0016_R

 

 

before

DSC_0002_R

 

これだけでこんなにも輝きが変わりますよ

 

簡単ですので是非一度

チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

バイクの洗車のやりかた

みなさんこんにちはメカニックキャラバンです

 

 

今回は

 

バイクの洗車ってどうやればキレイになりますか?

という質問が多かったため洗車ブログを書くことにしました

 

 

まず洗車といいましても

車のようにボディーに洗剤をかけてじゃぶじゃぶ洗うよりも

 

ウエスを使いふき取りを推奨しています

 

DSC_0003_R

 

 

 

では手順をご紹介していきましょう

 

まずはDSC_0001_R

ウエスを2枚用意します

 

それとコンパウンドも用意しましょう

 

まずはウエスを水に浸して水拭きをします

 

水拭きする前の汚れがこちら

 

 

DSC_0002_R

 

こちらを水拭きしましょう

DSC_0004_R

 

水拭きだけだとこのように汚れが点々と残ります

 

そこで次に

DSC_0005_R

 

コンパウンドを使用していきましょう

 

DSC_0003_R

 

コンパウンドをのばしながら汚れを拭き取りましょう

 

DSC_0008_R

 

これだけで一目瞭然!!!

 

キレイになりますよ

 

 

 

初めてバイクを購入するときのバイク屋さんの選び方

みなさんこんにちはメカニックキャラバンです

今回はバイクを購入するなら

こんなバイク屋さんがいいんじゃないかというブログです

DSC_0013_R

 

みなさんはバイクを購入する前に どのようにしてお店を探しますか?

よく耳にするキーワードは

①在庫数が多い

②購入した後のメンテナンスがしやすい

③ロードサービスなどの充実

④インターネットに掲載されているバイクの数が多い などなど

私自身もそうでしたがバイク屋さんって

どこを基準に選べばいいか わかりませんよね・・・

パソコンの前で心が折れそうになりますよね iStock-851882524 そこで今回は我がメカニックキャラバンの

社長&敏腕バイク整備士の宮原さんに

ぶっちゃけトークで聞いてみました

 

 

 

整備士が教えるこんなバイク屋さんは親切だ!!

 

其の1

タイヤのエアー調整だけでも無料で笑顔でしてくれる DSC_0010_R

 

その際にタイヤの溝の減り具合なども教えてくれたりしたら最高ですよね

 

 

其の2

自分のバイクの作業風景を喜んで見せてくれる DSC_0018_R

 

やっぱり整備中にジロジロ見られるのは

整備士さんにとっては少し嫌なようです

でも自分のバイクのどこをどんなふうに直したり

整備してくれているのかとても気になりますよね・・・

そんな修理&整備の場面を笑顔で見せてくれたら

バイクのことも更に好きになれそうですよね  (^v^)

 

 

其の3

チェーン調整などを無料でしてくれる DSC_0015_R

 

簡単なチェーンのたるみなどはすぐに調整ができます

しかしチェーンのメンテナンスは本当に大切なのです

だからこそ見てくれて複雑な調整や交換等があれば教えてくれる

バイク屋さんだと 良いバイク屋さんといえるでしょう

 

其の4

持ち込みの部品でも笑顔で対応してくれる

DSC_0016_R

 

持ち込みの部品を持っていくと

けっこうな確率で嫌な顔をされた経験が私もあります

それに外部の部品は許可が下りないと取り付けもできないなどと

 

ごたごた言われたこともあります・・・

 

 

 

まだまだあるようですが今回はこれくらいにしておきます

バイクは乗るだけじゃない

楽しく乗れば価値観や人生を豊かにしてくれますよ

 

まだ見たことない景色・バイクだから出会えた仲間

 

そんな素敵なきっかけを与えてくれるのがバイクですよ

 

 

購入したバイクを自分の乗りやすいようにライディングポジションをセッティングする

みなさんこんにちはメカニックキャラバンです

 

前回のブログでお伝えしました納車してからツーリングに出かける前の13のチェック項目いかがでしたか?

13のチェック項目を見る

購入したバイクがいまいち体になじまない・・・

長距離を走ると方が凝る・・・

などなど、ありませんか?簡単な調整で驚くほど改善する場合がありますので気になった方は最後まで読んでみてください!

今回はハンドルやブレーキレバー・ペダルなどを

位置を調整して自分の乗りやすいように

セッティングするためのご紹介です

 

まずは何が正しい乗り方なのかを知っていきましょう

 

①ステップに立ち上がる

まずはスタンドを立てた状態で

ステップを土踏まずの位置で踏んで立ち上がり両腕を前方に水平に伸ばします

DSC_0027_R

 

②そのままストンと座る

ステップに体重をかけたままシートに腰をおろします

これが自分の腰の位置になるので、体でしっかりと覚えておきましょう

(ライディングテクニックなどで大事になりますよ)

ガソリンタンクを膝ではさんだり、かかとでフレームをはさんで、

違和感のないポジションを探しましょう

 

DSC_0035_R

 

 

③ハンドルに手をそえる

軽く上体を前傾させながらハンドルに手をかけ、アクセルを握ります

肘が軽く曲がっていれば正しいライディングポジションです

肘が伸びすぎている・曲がりすぎていれば腰を前後にずらして調整しましょう

 

DSC_0038_R

 

 

※ニーグリップと腰の重心の位置は凄く大切ですよ

DSC_0040_R

 

 

 

ここからは自分に合うように

ハンドルの位置を調整していきましょうDSC_0003_R

 

まずはハンドルのトップブリッジにあります

キャップボルトカバーを外していきます

外すのに必要な道具はこちら

DSC_0001_R

 

DSC_0017_R

6インチの六角とマイナスドライバー

 

マイナスドライバーを使用します

DSC_0004_R

 

外した状態がこちら

DSC_0005_R

 

全て外し終わるとこのようになります

DSC_0006_R

 

 

この状態から六角を使用して

キャップボルトを緩めていきます

DSC_0005_R

※この時に必ず下のキャップボルトから緩めるようにしてください

キャップボルトを緩めたら

 

ハンドルの位置を調整しましょう

一番ベストなポジションは

ハンドルの位置が肘が軽く曲がり手首が自然にそるくらいにしましょう

DSC_0009_R

 

 

※ハンドル位置が高い場合

DSC_0010_R

※ハンドル位置が低い場合

DSC_0011_R

 

調整が完了すれば

 

ハンドルホルダーを取り付けていきます

※このときに写真を見て左側の短いほうが手前(自分のほうにくるように取り付けます)

 

DSC_0014_R

 

そして純正ハンドルには赤の〇でかこんだポンチマークがついています

DSC_0008_R_LI

 

このマークをハンドルホルダーのこの部分にくるように合わせていきましょう

DSC_0024_R

 

ここまできたらキャップボルトをしめていきます

DSC_0012_R

ある程度までボルトがしまれば

キャップボルトの上部のほうから座当たりするまでしめます

その後に下部のキャップボルトをしめましょう

DSC_0016_R

ハンドルホルダーを上下逆に取り付けた場合に写真の左のようになります

右側は正常に取り付けられた場合です

 

ハンドルの位置調整が完了すれば

ブレーキ・クラッチレバーを調整していきましょう

必要な工具はこちら

DSC_0026_R

この工具がなくても

8ミリの工具があれば大丈夫です

※車種によるのでご注意ください

DSC_0018_R

このボルトをゆるめていきます

調整前

DSC_0019_R

 

 

調整後

DSC_0022_R DSC_0021_R

DSC_0020_R

 

 

ハンドルまわりの最後の調整はミラーです

 

必要な工具はこちら

DSC_0001_R

 

ミラーの調整は

DSC_0002_R

まずはこのボルトをゆるめていきます

DSC_0003_R

 

DSC_0004_R

下のモンキーは固定して

上部のレンチでボルトをゆるめます

DSC_0005_R

 

ゆるんだボルトがこちら

あとはミラーを自分の見やすい位置に調整するだけ

DSC_0006_R DSC_0007_R

 

調整したらボルトをしめて完了です

それでは最後は

クラッチシャフトを調整していきましょう

 

DSC_0046_R

 

DSC_0045_R

 

 

 

必要な工具はこちら

DSC_0047_R

 

レンチを使用して

この部分を緩めていきましょう

DSC_0048_R

 

こちらと反対側の部分も緩めていきます

DSC_0050_R

 

 

両方のナットが緩みましたら

 

DSC_0051_R

 

手で回して角度を調節していきましょう

 

角度が決まればまたボルトをしめてください

 

ここまでくれば

 

かなりバイクが自分の体にフィットしてきたのではないでしょうか

 

今回のご案内はここまでになります

 

よければご参考にしてくださいね

 

#メカニックキャラバン

#バイクを自分の体に合わせてセッティングする方法

#初心者バイクセッティング

#バイク初心者

#和歌山県バイク屋

#田辺バイク屋

 

 

 

 

 

 

 

バッテリー維持充電器

 

みなさんこんにちはメカニックキャラバンです

 

今回は

 

バッテリー維持充電器のご案内です

 

 

 

 

DSC_0034_R

 

 

冬場になりバイクに乗る機会が減ると

なかなかの確率で起こるのが

 

バッテリートラブルです

 

そこで今回おススメするのはバッテリー維持充電器

 

今回はホンダのレブルで取り付け例をご紹介します

 

DSC_0022_R

 

 

まずはバッテーリー部分を露出させましょう

 

DSC_0024_R

 

バッテリーはつないだまま

DSC_0031_R

 

それぞれプラスとマイナス端子に線をつなぐだけ

 

DSC_0033_R

 

付属の配線を取り付けます

 

な・な・なんと

この維持充電器のすぐれたところは

DSC_0036_R

DSC_0037_R

 

バッテリーに配線をつないだままソケットをフレームに固定すると

 

いつでもバッテリーを充電できちゃうんです

DSC_0041_R

 

 

もちろん

 

外したバッテリーにも直接充電できますよ

DSC_0042_R DSC_0045_R

 

バッテリーに繋ぐ端子3種類あるので安心ですよ

 

そしてきになるおねだんはこちら

5800円!!!!

そしてさらに今なら

工賃無料!!!

限定3台です

 

お早めにお求めくださいませ

 

#メカニックキャラバン

#維持充電器

#冬のバッテリーあがり

#レブルバッテリー